Home ニュースリリース 製品情報 企業情報 サポート・お問い合わせ サイトマップ
2017年のニュースリリース過去のニュースリリース

FSQ-85EDP 発売のご案内

2017年10月13日

■FSQ-85EDを撮影優先の仕様に変更

コンパクトなフォトビジュアル機として好評を博しているFSQ-85EDですが、この度撮影向きに接眼部の仕様変更を行いました。これにより、カメラマウントDX-WRを用意していただければカメラを接続できるようになりました。
FSQ-85EDの発売当時はAPS-Cサイズが主流でしたが、最近はフルサイズのデジタルカメラ等で撮像するユーザーが増えてきて、このクラスの口径でもペッツバールタイプの性格である、周辺の非点収差が目に付くようになってきました。
先に発売したフラットナー1.01×を使うことで焦点での軽い像面湾曲と非点収差をフルサイズの範囲までほぼ完全に補正し、フラットな像面になります。
FSQ-85EDPでは、フラットナー1.01×もカメラマウントDX-WRさえあれば接続できます。
なお、FSQ-85EDPの発売に伴い、従来の50.8アダプター仕様のFSQ-85EDは販売を中止いたします。

FSQ-85EDP 仕様
形式 改良ペッツバール型 アポクロマート
有効口径 85mm
焦点距離 450mm
口径比 1: 5.3
イメージサークル φ44mm
鏡筒径 95mm
鏡筒全長 623mm (フード収納時は535mm)
質量 3.6kg
ファインダー オプション

■接眼部の構成
ドロチューブに接続している接眼アダプター接続環(FSQ-85ED)まではFSQ-85EDと同じですが、その後ろが、カメラ回転装置(TSA-102)、フィルターボックス補助リング(TSA-102)、CA-35(TSA-102)、眼視アダプター(CCA-250)、アイピースアダプター接続環(短)、31.7アイピースアダプターとなります。眼視アダプター(CCA-250)を外したところがM54 P0.75ですので、カメラマウントDX-WRが取り付きます。

>> システムチャート

■フラットナー1.01×
FSQ-85EDPは、コンパクト機ということを意識して光学系の企画・設計をおこなった鏡筒で、中心からフルサイズのイメージサークルであるφ44mmまでを重視した製品です。 画面中心からφ20mmほどまではシャープな星像ですが、φ44mm (35mmの四隅)では約30ミクロンとやや平坦性が劣ります。
FSQ-85EDの発売当時はAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラや冷却CCDが主流でしたから、必要にして十分な光学系でした。 最近はフルサイズ以上のデジタルカメラやCCDカメラで撮像するユーザーが増えてきて、このクラスの口径でもペッツバールタイプの性格である、周辺の非点収差が目に付くようになってきました。
フラットナー1.01×を使用することで、主焦点での軽い像面湾曲と非点収差をフルサイズの範囲までほぼ完全に補正し、フラットな像面になります。焦点距離は若干伸びて455mm f/5.4になりますが、FSQ-85EDPならではの中心像のシャープさがフルサイズの領域まで続き、イメージサークルは小さいですがFSQ-106EDに引けを取らないシャープな光学系にアップグレードできます。


■レデューサーQE0.73×
レデューサーQE0.73×を使用すれば、327mm f/3.8 というカメラレンズ並の焦点距離と明るさで、収差性能では高性能望遠レンズを上回ります。フルサイズの四隅(φ44mm)あたりでも30ミクロン以下の星像です。

レデューサーとフラットナーをβ-SGR電動フォーカサーシステムで使用する場合、レデューサーはレデューサーCR0.73×をお選びいただくと、ご購入いただく部品が少なくなります。
併用時の仕様はレデューサーQE0.73×と同じです。

>> β-SGR 180FL 使用システムチャート

税抜価格
FSQ-85EDP鏡筒
¥295,000
鏡筒バンド(95S)
¥13,000
KBプレートS
¥11,000
6倍30mmファインダー(脚付)
¥16,500
フラットナー1.01×
¥20,000
レデューサーQE0.73×
¥62,000
発売日
11月 1日 先行予約受付中