FS-60CB フローライト屈折望遠鏡


専用の「レデューサー C0.72X」の発売に合わせて、レデューサー、フラットナー、直接焦点全てのシステムでのピント位置等を再考し、FS-60C鏡筒の鏡筒長、絞り、アダプターを設計し直した発展モデルです。
焦点距離355mm(f/5.9)のFS-60CBは、フラットナーの使用で焦点距離374mm(f/6.2)、レデューサーの使用で焦点距離 255mm(f/4.2) という望遠レンズに生まれ変われる、コストパフォーマンスの高いミニ望遠鏡です。

スペック
形式
2群2枚 フローライト アポクロマート
有効口径 60mm 全面マルチハードコート
焦点距離 355mm
口径比 1:5.9
分解能 1.93"
極限等級 10.7等
集光力 73倍
鏡筒径 80mm
鏡筒全長 約440mm
質量 1.4kg(ファインダー付き)
接眼部 ラック&ピニオン式
ファインダー 6倍30mm(実視界8°)
付属品 保証書、取扱説明書

レデューサー C0.72Xを使用することで、g線〜C線までの波長域ではイメージサークルφ40mmの全面で、ほぼ20ミクロン以内の星像になります。周辺光量はφ25mmで95%以上、φ35mmでも70%以上を確保しています。

FS-60CB+ReducerC0.72X SPOT
レデュサー C0.72X併用
レンズ構成 3群4枚 マルチコート
合成焦点距離 255mm
合成口径比 1:4.2
イメージサークル 40mm (光量60%)

FS-60Cフラットナーは、FS-60Cのシャープな中心像はそのままに35mmカメラの四隅のイメージサークルまでほぼ完璧に像面を平坦化できます。フラットナーを使用することで理想的なフォトビジュアルミニスコープになります。

FS-60C+Flattener SPOT
フラットナー併用
レンズ構成 1群1枚 マルチコート
合成焦点距離 374mm
口径比 1:6.2
イメージサークル 44mm (光量60%)
>>システムチャート
>>取扱説明書