Home ニュースリリース 製品情報 企業情報 サポート・お問い合わせ サイトマップ
2017年のニュースリリース過去のニュースリリース

FOA-60 発売のご案内

2017年 3月 1日

■二枚玉フローライトでTOA型に肉薄する性能

一般的な2枚玉のアポクロマートレンズは、波長ごとに球面収差が異なること がコントラストと分解能が悪化する原因になっています。弊社のTOA型望遠鏡は3枚のレンズを最適な間隔に配し、波長ごとの球面収差と可視光領域の軸上色収差を無くすことで、色収差が無いと言えるほどの光学系を作り上げていま す。しかし2枚玉レンズでも組み合わせるガラスの分散と屈折率、最適な間隔 を与えることで、口径と口径比によってはTOA型と同様に波長ごとの球面収差と軸上の色収差をほぼゼロにすることが可能であることを発見しました。
FOA-60ではこの原理を利用して、今まで弊社ではフローライトと組み合わせたことがないレンズを使い、2枚のレンズを理想の間隔に配置することで高次の球面収差のバランスをとり、色収差のほとんどない対物レンズを完成することに成功しました。

近年のフローライトやEDを利用したアポクロマート望遠鏡は、天体写真を意識した短焦点望遠鏡が多く、色収差を減少させるために眼視収差を犠牲にした製品が多く見受けられます。
FOA-60は2枚玉の本体のみで眼視ストレール比96.1%、専用の4枚玉のエクステン ダー1.7XRを装着すると眼視ストレール比99.8%、しかもフルサイズ 周辺まで99%以上のストレール比を維持します。
FOA-60は天体望遠鏡でもっとも重要である眼視性能に徹底的にこだわった製品です。現在市販されている6cmクラスの望遠鏡とは、覗いた瞬間に見えの違いが分かるほどの差異があるハイ・パフォーマンスの対物レンズを装備しています。 68mm径のスリムな鏡筒にスライドフードの採用、50.8mm対応のストロークの長い接眼体など、軽量コンパクトで高級な本体と超高性能な光学系が合体した鏡筒は、日食観察等で海外へ持ち出すのにも最適です。 このようにFOA-60はTOA型に肉薄する性能を持った、ミニTOAと呼ぶにふさわしい高性能機で、世界的にも類を見ないユニークな望遠鏡に仕上がっています。

FOA-60 仕様
形式 フローライト オルソ アポクロマート
有効口径 60mm
焦点距離 530mm
口径比 1: 8.8
鏡筒径 68mm
鏡筒全長 570mm (フード収納時は510mm)
質量 1.8kg
ファインダー 6倍30mm または 無し
>> システムチャート

■フラットナー0.93X
2群2枚構成のフラットナー0.93Xは主焦点の周辺収差を補正し、同時に焦点距離を0.93倍の495mm(f/8.2)に短縮します。フルサイズ周辺までSPOT径は10ミクロン以内の均一な星像が得られるので、f/8.2 とやや暗いですが星野撮影にも使用できます。皆既日食の撮影では外部コロナの撮影にちょうど良い焦点距離になります。 500mmクラスの超高性能望遠レンズとして野鳥などの地上の撮影 にも適しています。50.8スリーブで簡単に脱着できるので眼視から撮影に 切り替えるのも簡単です。

フラットナー0.93X(FOA-60) [KA28582] 使用時
焦点距離 495mm
口径比 1: 8.2
イメージサークル φ44mm
レンズ構成 2群2枚

■エクステンダー1.7XR
FOA-60専用2群4枚構成のエクステンダー1.7XRは、ネーミングの通り焦点距離 を1.7倍に延長します。焦点距離を延長すると同時に中心収差もさらに良好に し、周辺収差も完全に補正しフラットフィールドにするという超高性能エクステンダ ーです。エクステンダー1.7XRはFS-60Qと同じように鏡筒と接眼体の間にねじ 込んで装着し、組み込むことで焦点距離900mm f/15の望遠鏡になります。予めエクステンダー1.7XRを組み込んだFOA-60Qも発売予定です。
FOA-60Qはタカハシの全光学系の中でも最高の光学性能を持っています。可視 光全領域およびフルサイズカメラの全視野にわたってストレール比99%以上を 維持するという世界最高水準の光学性能を誇ります。口径の5倍の300倍の倍率 を掛けてもしっかりとした像を結ぶので、月・惑星の観察や拡大撮影に最適で す。また、焦点距離900mmの割にはコンパクトで、しかもフラットフィールド ということで、日食の撮影でも内部コロナやプロミネンスの拡大撮影に威力を 発揮します。周辺減光もほとんどないので超高性能な超望遠レンズとして地上 の風景の撮影にも適しています。

上の図を見ると、FOA-60Qの中心像は可視光全領域で回折限界に収まっていて、フルサイズカメラの四隅においてさえも全波長域でほとんど回折限界に収まっていることが見て取れます。通常のカメラレンズや望遠鏡ではこのような図になることはありえないのでFOA-60Qがいかに収差の少ない光学系であるかご理解いただけると思います。

エクステンダー1.7XR [KA28595] 使用時
焦点距離 900mm
口径比 1: 15.0
イメージサークル φ88mm (参考) φ44mmまで光量100%
レンズ構成 2群4枚
>> システムチャート

FOA-60の鏡筒径は68mmですから、弊社の古い65mmクラスの鏡筒はそのまま載せ替えられます。P型、P-2、V-1、S型 などのセットは、赤道儀はそのままで鏡筒を高性能なFOA-60にグレードアップできます。

税抜価格
FOA-60鏡筒
(ファインダー無し)
¥117,000
FOA-60鏡筒
(6倍30mmファインダー付)
¥125,000
鏡筒バンド(68S-GT)
¥14,500
フラットナー0.93X
¥24,500
エクステンダー1.7XR
¥39,000

発売日
3月25日発売予定。
エクステンダー1.7XRは5月発売予定。