2015年のニュースリリース過去のニュースリリース

FC-100DL 発売のご案内

2015年 9月 4日

二枚玉フローライト望遠鏡 FC-100D シリーズに f/9 のFC-100DL が加わります。軽量のFC-Dシリーズの流れをくむFC-100DLは、長焦点で50.8スリーブの接眼体仕様ながら質量3.8kgと軽量に仕上がっています。
FC-100DLは100本の限定発売です。

近年の屈折望遠鏡は、フォト・ビジュアル系短焦点アポクロマートが主流になっていますが、これらとは性格を異にする長焦点二枚玉フローライトアポクロマート望遠鏡FC-100DLの登場です。
FC-100DLはその名の通りフローライトレンズを後ろに配したFCタイプで、f/9.0の長焦点屈折にふさわしく、色収差、球面収差の少ないコントラストの高い像が得られます。具体的には、f/7.3のFC-100Dに対してg線(紫)のハローが約4割減少、高倍率性能を示すストレール比で約4%増加の97.5%を実現しています。(データは計算値)
この収差データは、三枚玉アポクロマートとほぼ同等の数字であり、コマ収差がゼロの安定した像面と相まって、高い眼視性能を持った望遠鏡であることを理解していただけると思います。

FC-100DLの球面収差図では、中心から70%付近の色収差のまとまりが良く、スポットダイアグラムの光線のまとまりが良好になっていることが分かります。

FC-100DL
形式 2群2枚 フローライトアポクロマート
有効口径 100mm
焦点距離 900mm
口径比 1: 9.0
鏡筒径 95mm
鏡筒全長 940mm
質量 3.8kg
ファインダー 6倍30mm
対応鏡筒バンド 95DS-GT [KA19420G] 質量:1.3kg
>> システムチャート

FC-100DLの光学性能は、高倍率眼視性能だけではなく写真性能も優れています。
FC-35レデューサー0.66Xを使用すると、35mmフルサイズ周辺でのRMS-SPOT値で7ミクロン以内というFSQ並みの性能を発揮します。f/5.9と最近のアストロカメラとしてはやや暗いですが、フラットフィールド故のイメージサークル一杯まで、青ハローが無くコントラストの高い星像を結びます。

FC-100DL+FC-35レデューサー0.66Xの性能は、銀塩時代の製品で同スペックの旧型FC-100+FC-100レデューサーと比較すると、中心の色収差補正および周辺部の像面湾曲補正がはるかに進化して、デジタル時代にふさわしいシャープな星像が得られます。

FC-35レデューサー0.66×[KA19580] 使用時
焦点距離 590mm
口径比 1: 5.9
イメージサークル φ44mm
対応CA-35 CAリング102 [KA23202]

FC-100DLの鏡筒径は95mmなので既存の鏡筒バンドも使えますが、鏡筒が長い分ブレの影響が懸念されるので、万全を期すために従来品より50mm長い全長150mmの鏡筒バンドを用意しました。
この鏡筒バンドは鏡筒径95mmの鏡筒に使えますが、短い鏡筒で使うと鏡筒の可動範囲が短くなるため、接眼部にカメラなどを付けた時に赤緯のバランスが取れないことがあります。その場合は、KBプレートやアリガタ・アリミゾを併用してお使いください。

鏡筒バンド(95DS-GT)

税抜価格
FC-100DL 鏡筒
¥235,000
鏡筒バンド(95DS-GT)
¥18,000
FC-35レデューサー0.66x
¥86,000
CAリング102
¥5,500
発売日
9月 5日