2013年のニュースリリース過去のニュースリリース

Abbe シリーズアイピース 発売のご案内

2013年 7月19日

タカハシアッベ型アイピースは、以前のタカハシOrシリーズをリニューアルした31.7mmスリーブ径の接眼レンズです。
1組の3枚接合レンズとアイレンズ1枚の計4枚構成は、アッベ式の基本構成を踏襲したもので、安価なプローセル型オルソよりもコストはかかりますが、周辺像の崩れが自然である特徴があります。そのためバローレンズとの相性が良く、特に弊社の31.7 2×バローとの組み合わせでは、ほぼフラットフィールドになります。

スマイスレンズを使用しないシンプルな2群構成は、現在では見かけ視界は狭くアイレリーフも短いですが、ゴーストが少なくコントラストも良好で、低価格で高性能なアイピースです。
Abbe32mm は、f/5〜6 の短焦点望遠鏡との組み合わせで有効最低倍率に近い倍率が得られる31.7スリーブタイプのアイピースとなり、軽量な低倍率アイピースとして価値があります。

タカハシAbbeシリーズには、全ての商品にゴム見口が付いています。アッベ型はアイレリーフが短めなので、アイピースに目を近づける必要があります。裸眼でピッタリと目を付けると、目の周りをゴム見口が覆ってくれるので迷光防止になります。また、ゴム見口は折れるので、メガネを掛けたままでもアイレンズに目を少しでも近づけられます。

タカハシAbbeシリーズは6mmから32mmまで同焦点になっていますので、アイピース交換時のピントのズレはごく僅かです。五頭ターレットレボルバー31.7を使えば、より便利に使えます。

接眼鏡に求められる性能として、コントラストの良さが上げられます。特に惑星面・月面の高倍率での眼視と拡大撮影や光度差の大きい二重星の分離等にアイピースのコントラストが大きく影響します。タカハシAbbeシリーズは、空気に触れている4面にマルチコートを施しています。これにより、有害なゴーストとフレアを減少させたコントラストの良い視野が得られました。

タカハシ Abbe シリーズは、ゴム見口付
写真は Abbe 32mm
タカハシ Abbe シリーズは、マルチコート
写真は Abbe 18mm
タカハシ Abbeシリーズ 仕様
Abbe
アイレリーフ
見かけ視界
バレル径
6mm
4.8mm
44°
φ31.7mm
9mm
7.5mm
44°
φ31.7mm
12.5mm
10mm
44°
φ31.7mm
18mm
15mm
44°
φ31.7mm
25mm
22mm
44°
φ31.7mm
32mm
28mm
44°
φ31.7mm

税抜価格
Abbe 9mm
¥10,000
Abbe 18mm
¥11,000
Abbe 32mm
¥14,600

発売日
Abbe 9, 18, 32mm 8月 1日
Abbe 6, 12.5, 25mm 近日発売