2010年のニュースリリース過去のニュースリリース

エクステンダーCQ1.7× 発売のお知らせ

2010年 8月31日

FS-60Qと共に発表しましたエクステンダーCQ1.7×の販売を開始します。
8月27日付でご案内した仕様ではFS-60Cをお持ちのお客様が組み込をおこなう時、お手間をおかけするので、FS-60CBとFS-60Cが同じ組み込み方になるようにエクステンダーCQ1.7×のレンズ部分の組み付け位置を変更しました。取り付け方法以外の仕様変更はありません。

このエクステンダーは1群2枚の構成で、光路の途中に入れるため従来のエクステンダーと異なり鏡筒と接眼体を外して組み込みます。FS-60CBの対物レンズの性能を最大限に引き出す様な設計をおこなったため、このような接続方法になりました。
エクステンダーCQ1.7×を組み込むことでスペックはFS-60Qと同じになります。焦点距離は355mmから600mmになり、中心収差はストレール比率で対物レンズだけの時より10%以上向上します。周辺像は35mmフルサイズの端まで中心像とほとんど変わらないほどのフラットフィールドとなり、周辺光量も最周辺で95%もあります。歪曲収差はほとんどありません。
フローライト2枚玉のFS-60CBとFS-60Cは、エクステンダーCQ1.7×を組み込むと口径比は大きくなりますが、かなり性能がアップし、ほとんど収差のない望遠鏡になります。
なお、エクステンダーCQ1.7Xを取り外しFS-60CBの仕様にしていただければ、レデューサーC0.72Xを使用した焦点距離255mm(f/4.2) と FS-60Cフラットナーを使用した焦点距離370mm(f/6.2)で撮影ができますので、都合3つの焦点距離が使い分けられます。

エクステンダーCQ1.7×

■FS-60CBとFS-60Cのどちらにも対応しています。
・FS-60CB、FS-60C共に対物レンズと鏡筒を外し、その間に組み込みます。
※詳しくは取扱説明書をご覧ください。

税抜価格
エクステンダーCQ1.7×
¥28,000