2010年のニュースリリース過去のニュースリリース

FS-60Q 発売のお知らせ

2010年 8月 6日

FS-60CB用の新しいコンバージョンレンズとして1.7倍のエクステンダーが加わりました。このエクステンダーは1群2枚のバローレンズで、光路の中央よりもやや対物レンズ側に配置し、FS-60CBの対物レンズの性能を最大限に引き出す様な設計をおこなっています。
このレンズを組み込んで望遠鏡として組上げたFS-60Qのスペックは、焦点距離が600mm(f/ 10)になり、中心収差はストレール比率で対物レンズだけの時より10%以上向上します。周辺像は35mmフルサイズの端まで中心像とほとんど変わらないほどのフラットフィールドとなり、周辺光量も最周辺で95%もあります。歪曲収差はほとんどありません。
ということでFS-60Qは、フローライト2枚玉のFS-60Cよりかなり性能がアップした、ほとんど収差のない望遠鏡です。
また鏡筒内にレンズを組み込んだことで、f/10の対物レンズだけの望遠鏡と比べて鏡筒長は20%以上コンパクトに仕上がっています。 この光学系はf/10とやや暗くなりますが、皆既日食の撮影、野鳥などのネイチャーフォトなどには、35mmフルサイズ全面に渡るシャープさと機動性の良さが威力を発揮します。

FS-60Q 光路図
FS-60Q SPOT

生産段階でエクステンダーCQ1.7Xが組み込まれたFS-60Q鏡筒のほか、既にFS-60CBやFS-60Cをお持ちの方のためにエクステンダーCQ1.7X単体での発売もおこないます。
なお、エクステンダーCQ1.7Xを取り外しFS-60CBの仕様にしていただければ、レデューサーC0.72Xを使用した焦点距離255mm(f/4.2) と FS-60Cフラットナーを使用した焦点距離370mm(f/6.2)で撮影ができますので、都合3つの焦点距離が使い分けられます。

スペック

形式

3群4枚 フローライト 2+2 アポクロマート

有効口径

60mm

焦点距離

600mm

口径比

1: 10.0

分解能

0.93"

極限等級

10.7等

集光力

73倍

鏡筒径

80mm

鏡筒全長

550mm

質量

1.6kg

ファインダー

6倍30mm

税抜価格
FS-60Q鏡筒
¥95,100
発売時期
8月20日