2010年のニュースリリース過去のニュースリリース

β-SGR 5mmストローク仕様 発売のお知らせ

2010年 7月16日

セミオートフォーカス機構がご好評をいただいておりますβ-SGRのストロークが標準で4mmになりました。。
FSQ-106EDなど、f/5クラスの光学系でβ-SGRをお使いいただく分にはほとんど問題にならないのですが、Mewlon-CRなどf/10クラスの光学系になると、シーイングの状態や画像の扱いによってはピントのピークを算出するのにロングストロークの方が使いやすい場合があります。
そこで、どのような光学系でもコンスタントにベストフォーカス位置を算出できるように、今まで2mmだったストローク幅を標準で4mm、最大で6mmまで制御できるように改良しました。
なお、仕様の変更はストロークの拡張だけで、6個のリニアステッピングモーターを内蔵しフォーカス推奨位置を1μm単位で制御することやメカニカル部分の寸法に変更はありません。価格も据え置きです。

β-SGR ε-180ED用セット
接続イメージ
カーボン仕様の鏡筒は試作品です。

■接続方法
β-SGR 180FLは汎用品で、弊社のほとんどの鏡筒に装着してご使用いただけます。鏡筒との接続には、数種類の接続リングを組み合わせておこないます。各鏡筒ごとの接続は、[製品情報]−[パーツ]−[β-SGR 電動フォ-カサー]にリストがありますので、そちらからご覧下さい。
ε-180EDには、β-SGR 150FL型と接続リングをセットにした商品をご用意しています。
※ワイドマウント、12VACアダプターが別途必要になります。
※必要な長さのUSB2.0ケーブル(Aコネクタ - Bコネクタ)をご用意してください。
※お使いのカメラ用のUSBインターフェースケーブルが必要です。

税抜価格
β-SGR 180FL本体
β-SGR ε-180ED用セット
¥148,000
¥156,000
2mmストローク仕様の商品をお求めいただいた客様のために、5mmストローク仕様への改造をお受けいたします。改造費は10,500円(税込)になりますが、ご希望の方はお問い合わせください。