過去のニュースリリース

■2005年12月 FS-60C用フラットナー発売

FS-60Cフラットナーは、FS-60Cのシャープな中心像はそのままに35mmカメラの四隅のイメージサークルまでほぼ完璧に像面を平坦化できます。これまでFS-60Cは、短焦点望遠鏡の宿命である像面湾曲の大きさにより写真撮影時に画面周辺部が大きくぼける欠点がありましたが、このフラットナーを使用することで理想的なフォトビジュアルミニスコープになります。
焦点距離はやや伸びて374mm f/6.2となりますが、デジタル一眼レフでの地上の撮影や天体撮影に最適な望遠レンズとして使用できます。また、別売の近接撮影用リングを併用すると無限遠から約6mの近距離まで合焦するので地上撮影に使用するのに便利です。