過去のニュースリリース

■2005年3月 FCT-250+EM-3500を茨城県結城市民情報センターに納品

 結城市民情報センターは、結城市の新しい情報の起点・交点となることを目的に計画され、2004年5月15日に開館しました。ここには多彩な情報を、人々が自由に学び、楽しみ、編集し、交換し、発表するための場や空間がたくさん用意されています。
 建物の4階には、タカハシの大口径屈折望遠鏡 FCT-250を5メートルドームに納めた天体ドーム室があります。FCT-250の対物レンズはフローライトを使った3枚玉で、各種収差を抑えたクリアでコントラストの良い星像をご覧いただけます。屈折望遠鏡特有の安定した像と相まって、覗いた人に本物の感動をあたえています。
 ここでは、毎週火曜・木曜に無料で天体観察会を行っていますので、出かけてみてはいかがでしょうか。